コース紹介

ST/リチュアルと音楽 ※キャンセル待ちでお受けしています。
2020年3月20日~22日 / ウィリング横浜
参加費 63,000 円

 プレイバックシアターは、人々を安心させ、心を癒すと同時に、我を忘れるような気分の高揚をもたらし、これからの人生や社会に対する姿勢を変容させます。リチュアルが整っていれば、どんな難しい局面を迎えても、場の安全と平和が保たれます。音楽はリチュアルを整えるための必須要素であり、芸術であり感情を揺さぶるツールです。ミュージシャンとして、アクターとして、効果的な音楽の使い方を学びます。

コアトレーニング
佐藤久美子、杉山さち子
2020年5月2日~4日 / ウィリング横浜
参加費 48,000 円

 プレイバックシアターに初めて触れる方、体験の浅い方に向けた3日間のコアトレーニングです。基本となる理念や手法が紹介されるほか、アクティングやコンダクティングの基礎演習を行います。実習では、お互いが体験したストーリーを語ったり、演じたりしてPTを学びます。

プラクティスⅠ  ※キャンセル待ちでお受けしています。
2020年5月2日~6日 / ウィリング横浜
参加費 160,000 円

 コンダクティング、アクティング、ミュージックなどについて、基本確認とスキルアップを図ります。 PTを実践していく立場として最低限必要な知識とスキル、ワークショップ主催、カンパニー発起から運営に至るプロセスを紹介します。プラクティスを終えると修了証書が授与され、IPTNプラクティショナー登録への道が拓けます。本校の2週間を日本用に4日間と5日間に2分割しており、セット受講が条件です。

ST/脇役の技量  ※キャンセル待ちでお受けしています。
2020年7月24日~26日 / 北海道伊達市内
参加費 63,000 円

 アクターとして、演技の幅と深さをめざす方のために用意しました。「テラーの次に大事な役」や自らが役を選んで演じる「忍者ロール」にはプレイバックシアターならではの醍醐味が潜んでいます。いつ登場するか、どのタイミングではけるか、エッセンスに直結するセリフは何か、など脇役としてのアクティングスキルをその場で語られるストーリーを演習課題として学びます。

ST/コンダクターのスリーサークル
2020年8月8日~10日 / ウィリング横浜
参加費 63,000 円

 コンダクターの役割をスリーサークルの観点から学びます。優れたコンダクターは、ショーの司会者であり、演出家であり、セラピストであり、役者であり、シャーマンであり、その場の相手に即座に受け答えする外交官のようでもあります。スリーサークルの理論に照らしあわせて、これらの役割を理解したうえどの機能も欠かすことなく、バランスよくこなせるコンダクターになることを目指します。

プラクティス Ⅱ ※キャンセル待ちでお受けしています。
2020年9月19日~22日 / ウィリング横浜
参加費 160,000 円

コンダクティング、アクティング、ミュージックなどについて、基本確認とスキルアップを図ります。PTを実践していく立場として最低限必要な知識とスキル、ワークショップ主催、カンパニー発起から運営に至るプロセスを紹介します。プラクティスを終えると修了証書が授与され、IPTNプラクティショナー登録への道が拓けます。本校の2週間を日本用に4日間と5日間に2分割しており、セット受講が条件です。

ST/リチュアルと音楽 ※キャンセル待ちでお受けしています。
2020年11月21日~23日 / ウィリング横浜予定
参加費 63,000 円

 プレイバックシアターは、人々を安心させ、心を癒すと同時に、我を忘れるような気分の高揚をもたらし、これからの人生や社会に対する姿勢を変容させます。リチュアルが整っていれば、どんな難しい局面を迎えても、場の安全と平和が保たれます。音楽はリチュアルを整えるための必須要素であり、芸術であり感情を揺さぶるツールです。ミュージシャンとして、アクターとして、効果的な音楽の使い方を学びます。

2021年

ST/グループプロセス
2021年1月9日~11日 / ウィリング横浜
参加費 63,000 円

 「自分は場違いかもしれない」と思っていた観客が思わず手を挙げてストーリーを語る場はどのように生み出されるのでしょうか。互いに認め合える雰囲気やインクルーシブな場を創りだすための知識とスキルが必要です。公演のコンダクター、ワークショップのファシリテーターに必要な理論的基盤「ソシオメトリー」「プログラムとムード」を体験的に学びます。プラクティス進級にあたっての必須科目です。

Trainer Supervision (in English)
2021年1月9日~11日 / ウィリング横浜
参加費 108,000 円

 Succeeding as a playback theatre trainer means taking time to reflect productively on the challenges of the playback experience. This three-day workshop will provide group leaders with support in key areas of their work, including teaching issues, company life, performance standards, and company relations. And, of course, we will tell and enact stories together, in a spirit of fun and fellowship.